モノローグ4
e0107829_16232317.jpg
自分から声をかける事はまず無く、
そんなだから当然声をかけてもらえる事もなく、
よって相変わらず友達の少ない高校時代。

入部後のはじめての部会。
当時はまだオタク色の強い写真とカメラ。
hiromixや長島有里江、蜷川実花なんて人達の登場はまだまだ先で
ガーリーフォトなんて言葉は当然なく
自分でも写真部ですって言うのを恥ずかしく思っていた。

部員の顔ぶれ
案の定だったかな。
男だけ
インドア大好き
そんな感じに見えた。

部会の最後に、先輩の案内で暗室を見学した。
狭かった。
階段下の2畳ほどの、斜め天井の物置スペース。
ここに3人ぐらい入るらしい。
夏は空調も無く蒸し風呂状態。
入り口付近を通る生徒の口からは
『酢臭い』
『すしやのにおいがする』…

なんか肩身が狭かった。

結局ぼくはこの暗室で作業を一度もしないまま卒業する。
[PR]
by shashinnojikan | 2008-11-01 16:31 | モノローグ
<< モノローグ5 基本の事 >>


kota yamashita on the web
by shashinnojikan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30