三脚の話
e0107829_1551754.jpg

この三脚は借り物
去年夏、自分の三脚は
エレベーター部分のギヤが切れてカメラが自由に上下しなくなった。
修理工場に持ち込んで相談。
修理の仕上がり予定は約一月後、
部品のストックが無く今から発注で。
話にならない。
ジッツォの三脚は30年前のモデルも今でもしっかりなおる。
けど一月後では
これだけ流通が発達した時代にたかがギヤ一つ。

しかし持つべきは仲間
お互い貸しっこして事なきを得る。
僕はGの2型を貸して。

今年中になおすことにしよう。
G312型


e0107829_28433.jpg
manfrottoの三脚は壊れても部品一つから購入できる。
Y橋カメラで、長くても3日ぐらいで手元に部品が届く。
あとは自己責任で部品交換。

気に入った三脚、使いやすい三脚ってのは
意外と無いもの。
沢山の市販品の中からパーツパーツで選び、
組み合わせて三脚を完成させる。
これが最近やっと出した答え。
でもお気に入りの組み合わせが何通りもあって
また迷う。
使用カメラ、目的地、気分…
状況により使い分け。
そもそも一本で全てが満たせる三脚など存在しない。



e0107829_22413.jpg
これはカッコウはいいけど35㍉一眼cameraには不向き
縦にしにくいつくりだから。
[PR]
by shashinnojikan | 2009-02-06 00:39
<< 三脚の話のつづき 前後裁断 >>


kota yamashita on the web
by shashinnojikan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31