三脚の話のつづきのつづき
e0107829_11194946.jpg

三脚を使って撮影する人を見ると
たいてい、脚部を全て伸ばして撮影している。
どこかの何クラブだかは知らないけど
先生らしき人がそばにいて指導しているにもかかわらず
みなさん揃って伸ばしきっている。
好みのアングル・自分の身長・撮影レンズetcそれぞれ違っていいはずなのに
写真教室とは何を教えるところなのか
先生と同じカメラを使っても上手くはならないし…
だけど上手いって何だろう?
自分らしくとらえればいいのにね。
先生はそこを伸ばそうとせずに三脚をのばすのか、なるほど。

伸ばさなくてと言うより伸ばせない三脚の方が重宝したり。
やはり三脚は Itaria か France の製品がおすすめ
でManfrottoのテーブルポッドはcontaxt3用に購入

e0107829_1219332.jpg
このPELICAN1120 に T3に TLA200(フラッシュアダプター付) と
リモートレリーズを詰めて
そしてテーブルポッドと共に災害時に持って避難する
と言うシナリオを描いた事もあった


普段使いにはどうか
実は設置に時間がかかる
小さいからって簡単ではない
雲台外してポールを接続
そのポールに雲台を乗せる
脚を広げるだけでも使えるけど
いつもそこに欄干やゴミ箱など足場があるわけじゃない
小さいのが欲しかったのに
あればやはり伸ばしてしまう
なんだか矛盾も感じる。
じゃ伸ばせなくしちゃえe0107829_12454425.jpg

BH482 と 410PL で


それからカメラ愛好家・写真愛好家の皆様
カメラを、脚を伸ばしきった三脚に乗せそれを肩に担いで歩く、
もしくは観光地などの土産物店の中にもかかわらず担いでカメラを自慢するのは
とても危険ですし、写真家としてスマートではありません。
カメラも落下しないとは限りませんのでおやめください。
[PR]
by shashinnojikan | 2009-02-07 11:18
<< 寄り道にて ディスタンス >>


kota yamashita on the web
by shashinnojikan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30