2009_07_24
e0107829_2328161.jpg昭和9年に出版された図鑑をみせて頂いた。
とてもきれいな日本語でつづられていた。
口絵は写真ではなく挿絵。
活版印刷。
「版が鉛製でとても重かったから、印刷は男にしかできない仕事だったんですって。」
と一緒にみていた編集者。
一文字間違いが見つかると、ひもで束ねていた活版をほどき
間違い箇所の版を差し替えて、またひもで束ねる。
「間違いがあっても同じ行の中で直してくれよ
 行を換えるなんて絶対にしないでくれ!」
と印刷屋さんは言っていただろう。
DTPの現代はボタンをいくつか押せば全て終了。

間違えてはいけない緊張感。
最近薄れがちだな。
今週はフィルムで4日間撮影。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-24 23:55
2009/07/14
e0107829_00588.jpg今日は珍しく男子だけの現場。
その様子はこちらきじまりゅうたくんの日記
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-14 19:02
2009_07_12
e0107829_1257220.jpg「contax専門店」をうたう店が閉店していた。
何をもって専門店だったのか定かではないけども。
また一つcontaxの文字が地上から消えた。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-12 21:00
2009_07_08
e0107829_22492621.jpg「ご専門は?」
と聞かれて皆さんはどう答えますか?
自分の撮りたいジャンルを答えますか?
最近の撮影で多いジャンルを答えますか?

答えてしまうと仕事を限定してるみたいでちょっと苦手。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-08 22:55 | 写真会議
2009_07_02
e0107829_23365476.jpg口では愛着わかないなんて言ってるけど…

使い始めて丸3年、今回 EOS 5D のミラー脱落で緊急に 5DmkⅡを配備した。
予期していたアクシデントではあった。
いつか改修してもらわないといけないなとも、
でも発売から4年で早くも旧式カメラの仲間入りを果たしていて
どこかで新型に切り替えないといけないなとか
切り替えるってことは使わなくなるってことで、それはとても寂しいこと。
だから5Dに関しては、買ったときから感情移入しちゃいけないなってずっと思ってた。
でも壊れて、
新しいヤツがきて、
なんか鈍臭いデザインのカメラだけど
シールぺたぺた張ってさ
勝手に防塵加工しちゃってさ
やっと今日修理に出して、
やっぱり間違いなく自分の相棒だなってかんじたな。
「お疲れさま。」
完成の9日が待ち遠しいよ。

5D はどこか RTS に似たところがあるなぁ。
一枚の完成された写真を撮るために生まれたカメラ
無駄な機能や重さ大きさが無くて。

カメラが背伸びしてないから
こっちも背伸びしなくてよくて

それがパートナーかな?
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-03 00:00
2009_07_02
e0107829_23211255.jpg赤いVOLVOに乗って
おしゃれで
鼻の下にヒゲを蓄えて
アシスタントを従えて
高級カメラを何台も所有し…

って感じのカメラマン像を勝手に思い描いてました。

でもプロって本当はそうじゃないの。
プロにとって道具は「何でもよくて、何でもよくない。」
「何でもよくて」は、安くても高くても、大きくても小さくても、新しくても古くてもってことで
「何でもよくない。」は、気に入っているかどうかと言うこと。
だからプロの写真は「何をどう撮ったか」が重要ですよ。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-02 23:34
2009_07_02
e0107829_2383780.jpg
一番好きなカメラは CONTAX RTS Ⅲ。
小さなフィルムの1コマをどうにかして平面を保ってやろう。
ボディーはチタン製。
レンズは カール・ツァイス。
KYOSERAの文字はボディー底面へ。
「さぁ、カメラに出来る仕事はすべてこなしたぞ。写真の出来が悪かったら、それは君の力不足だよ」と言っているかのような作りのカメラ。
ハンパな機能はついていない。
信頼できる。
道具ってのはそうゆう物だろう。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-02 23:20
2007_07_02
e0107829_22384637.jpg初めて手にした一眼は RICOH XR500。
次は CANON EOS 650
次は CANON EOS RT と叔父から譲ってもらった OLYMPUS OMⅡ。サブ機に EOS 1000 も買った。
写真学校に入ってから RT にシンクロ接点が無いことを知って(RTの追産ロット機には標準装備)
出たての EOS 5 に切り替えた。
『5』との付き合いはここからか…
そしてseijiさんに出会い
「おまえはカメラ何使ってんの?」
「道具はやっぱり一流品を使わなきゃだめですよぉ!」
「とりあえずこれ貸してやるから使ってみぃ」
で CONTAX RTS を貸してもらった。
カメラを操れるようになったのは RTS のおかげかな。
「カメラって格好いいなぁ 」って思ったのもこのときが初めてだな。
EOS 5 はあまり使わなかったのかな?
正直言うと使った記憶があまりない。
あれは EOS 5 で撮影したんだよなとかってのがあまりない。
卒業制作ぐらいかな。
これらのカメラは全部お気に入りだった。
でも若かったのかな?
今よりすんなりと手放せてた気がする。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-02 23:07
2009_07_01
e0107829_1405483.jpgちょっと間違えていしてました。
僕はひとりではなかった。
写真を考えるとき必ず妻がいます。
写真で出逢って
写真で歩んできたのです

ひとり写真会議ではありませんでした。

しばらく暗い写真が続いていたからって
落ち込んでいた訳じゃない。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-01 14:05
2009_07_01
e0107829_102972.jpgそもそも道具なんてものは愛着の湧かないものなんだろう。
あくまで道具。
趣味のものではないわけ。
右から来て左へ行く
自分の前を通り過ぎていくだけ
その時少しだけ利用させてもらうだけ。
ちょっと悲しいけどね。
写りが良いとか悪いとか
カメラの質感が…
フィーリングが…
デジタルだから…
銀塩じゃないし…
色々言う人いるけど
写心好きとしてはこう思うね
「撮るか撮らないかじゃないのかな?
カメラと写真の価値ってさ、」
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-07-01 09:57 | 写真会議
2009_06_30
e0107829_2043466.jpg今日の撮影から新型マシンに替えた。
正確には昨日か…
昨日はセッティングに不備でうまく稼働しなかった。
考えてみるとⅠ型は、クライアントから
「デジタルやってくれてたら仕事沢山頼めるのになぁ〜」
って言われて導入した。
けどそのクライアントからはその後1本も依頼は来てないが…
Ⅱ型も結局替える気もないのに
予期していたトラブルに遭い導入せざるを得なかった。
きっかけとはそんなもんだろう。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-06-30 20:52 | 写真会議
2009_06_24
e0107829_22545112.jpg写真はやはり「リアル」であるべきだと思う。
何も足さないし何も引かない
その瞬間にそこに存在した事実。
それが写っていれば良い。

と言うのはプライベートフォトの場合。

商業的には「それ」をそれらしく見せるため
それ以上に魅せなければだめ。
それでやっと「それ」がそれなり写る。
ここで言う「それなり」とは「普通」と言う事。

普通に写す事はやはり難しい。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-06-24 23:07 | 写真会議
2009_06_09
e0107829_1826483.jpgカメラバッグの役割は、機材を安全かつ迅速に運搬でき、
そしていざ撮影に入るときは即座に展開できることが理想です。

:カメラケース
:ストロボケース
:スタンドケース
:三脚
:レフ板(A1サイズ)
:撮影台(場合によって)
:その他小物ケース
これだけあると搬入・展開・設営だけで20分。
その間中汗が流れる。

まずは搬入時間の短縮から解決していきましょう。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-06-09 18:39 | 写真会議
2009_06_04
e0107829_22374468.jpg写真が好きと言うわけじゃなかった。
カメラに興味があったわけでもない。
芸術家になりたかったわけでもない。
何かを残したいわけでもない。
だけど写真は沢山撮るし、
新作のカメラもとりあえずは触れてみる。
子供たちの成長も写真に収める。
たまにはアパートの大家さんちのハトも撮る。

写真を撮る理由?

もはや自分にとって
撮る事は呼吸と同じで
カメラは体の一部。

理由が必要ならとっくに飽きているよ。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-06-05 22:53 | 写真会議
2009_05_28
e0107829_2157114.jpg2ヶ月ぶりにフィルムで撮影。RTSⅢ出撃。
22日、撮影第1日目。
まずは料理の材料カットから…
シャッター速度…1/60
絞り………………f11

?

カメラ背面にダイヤルを探してしまった。
「今日は EOS じゃなかった」
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-28 22:06 | 写真会議
2009_05_22 その2
e0107829_2153282.jpgタングステンは光を散らしたり、束ねたりして使う。
ストロボは光が散ってしまうので基本的には遮ったり集めたりして使う。
じゃぁ、太陽はどちらに近いのだろう。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-24 21:57 | 写真会議
2009_05_22
e0107829_21462364.jpg太陽は一つ。空は1面。
これが僕のライティングの基本の考え方。
天気が悪くなる予報の本日、自然光をあきらめストロボライティング。
ベアバルブ1灯で撮影。
手を抜いたわけではありません。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-24 21:51 | 写真会議
2009_05_18
e0107829_2154086.jpgそのモノのあじを引き出す手段はどうか、
そのモノを解放してやる手段
解放してあげたとき、それが一番おいしいとき。
その「おいしいとき」は、いくら相性が良くたって
味付けがキムチやめんつゆじゃ良くないと、学生の時から感じている。

何を撮りたいのか、M島先生とは考えが違っていた。

「デジタルの色は派手だ」って誰が言っているの?
そう言うあなたも velvia や E100vs 好きでしょ?
ナンでもカンでもキムチやめんつゆ、もうやめようよ。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-18 22:12
2009_05_16
e0107829_132596.jpgきれいに撮りたいと思う。
普通に撮りたいと思う。

「おいしいもの」が「おいしそう」に撮れれば、それは「普通に撮れた」と言う事。
だから「おいしいもの」を「普通」に撮れば良いのであって、
パフォーマンスの為にわざわざ時間を割いて難しくする事なんてないんだ。
ただ僕の場合は「普通」に撮る自信はあっても、まだ勇気がない。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-17 01:45 | 写真会議
2009_05_14
e0107829_23314868.jpgだから、その味は皆が皆気に入るわけではない。
経験から言えば「嫌ではないけど…」な時は「おいしい。」と大体の人が言っているでしょう。
悪い顔はしないでいる。
けどその後は大きな反応はない。

僕だって思ったよ
「何で自分を使ってくれないんだ!」って。

出版社にだって色々な事情はあるだろうけどさ、
一社や二社ぐらいに断られたって大した事無いよ。
千社まわってやっと一つあたるぐらいに思ってなきゃ。
それに生きていくために書いたのではないでしょ?
「生きていた」ために書いたのでしょう?
それなら心配する事無い
あなたは僕らのつながりの中にいる、ずっと。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-14 23:53 | 写真会議
2009_05_10
e0107829_21293561.jpgじゃあ写真の味って何だろう。
今月号のAサヒカメラの特集
『デジタルと銀塩写真の味』だったかな?
記事はレンズの描写、階調性能などの違いを探っている。
だけど写真の味はそんなもので語れるものなのか。
それで語れるのだとしたら、その写真は料理のレシピ本を見ながらつくった料理にすぎない。
写真の味とは撮る者と撮られる者との間にある距離、時間や出来事であるはず。
だから同じ味は存在しないし2度とつくり直せないもの。
それが写真の味。

だから写真の味は機材によるものではない。
そんな事を教えてると、写真は上達するほどに作品はつまらなくなる。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-10 22:54 | 写真会議
2009_05_08
e0107829_811427.jpg
晴れた日のイメージが欲しいのにロケ当日は雨なんて事はしばしば。
そんな時師匠のA様は『読者はね、撮影日が雨だったから…って言う目で誌面をみないからね。」
とよく言っていた。
それは、その写真ひとコマに沢山時間と手間を費やしても見る人みんながそれを評価して見るわけではない。
その写真の評価が良くても悪くても雨は理由にならないと言う事。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-09 08:22 | 写真会議
2009_05_07
e0107829_953792.jpg「多め!濃いめ!硬め!」

近所のわりと流行っているラーメン屋さんでたまに聞く客の注文の文句。
「脂多め!味濃いめ!麺硬め!」の略です。
自分はこれ以上脂が多かったらとても食べられないし、これ以上味が濃いのも考えられない。
好みは人それぞれ。
そんな細かい注文に応える店は「ポリシーが無い」と言う人もいる。

「味」にも平均点はない。合格点も無い。
食べたひとがおいしいと感じたらそれが100点。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-07 10:05 | 写真会議
2009_05_06
e0107829_9313360.jpg「写真」には平均点などは無い。
自分の作品は自分で100点だと思えばそれでいい。
ほかの誰かに100点を押し付けてはいけない。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-05-07 09:48 | 写真会議
2009_04_12
e0107829_11412628.jpg写真の役割とは何だろう。
仕事の「写真」とプライベートの「写真」は同じものなのか。
答えは、「全く違うもの」

シャッターをきりたい衝動はいつ訪れるのか
自分にさえわからない。
だけどその衝動にブレーキをかけてはいけない。
そのブレーキペダルに足をかけたとき
カメラを握った写真家の心は満たされないままになる。

もっと家族を撮ろう
しあわせがいつまでも続くように…
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-04-12 11:45 | 写真会議
2009_04_08
e0107829_1021181.jpg帰り道、自転車で転倒。
カメラも転げ落ちる。
ボディー底部・レンズフードに傷も、その後問題なく撮影。
結構気を使って扱ってきたDSLR
意外と丈夫。
貴重な落下テスト結果が得られました。

体は打ち身だらけ…
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-04-09 10:26
2009_04_08
e0107829_23354424.jpg
本当は撮影のスケジュールでいっぱいの予定だった今週
突然のキャンセルの電話でポッカリと時間が空いた。

ミルクティーとビスケットを持ってボートに乗り
水に浮いて風にゆられる。
とても贅沢に時間を過ごす。
おいしいお昼をいただいて…それから仕事。
たまには夫婦で恋人気分。しょっちゅうか?

今を楽しむ
だから明日も楽しい

また一つ教わりました。

妻へ
今日もありがとう。

子供たち
今夜も寝顔、かわいいよ。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-04-09 00:01
2009_03_18
e0107829_13435466.jpgPlaner60mmマクロの最小絞りは f22 です。
f16 が欲しいとき、絞りリングをいっぱいに回転させ
そこからひと絞り、ワンクリック戻してやる。
頭でf16を考え、指先が作業をする。
指先はその作業工程を覚えている。

昨日の撮影 f16 が欲しくなった。
だけど指先の感覚だけでは設定は無理。
レンズは EF50mmマクロ。
背面ダイヤルはクリック感こそあるものの
始まりと終わりが無い。
液晶表示を眼で確認したあと、3分の1絞りずつ動かしf16に設定。

フレーミング、ライティング、シャッター速度、絞り、ヒストグラム…
画像処理、見本プリンと…
これ全部眼の仕事。
だから疲れるわけだ。

そんなときは窓の外の遠くをみる

眼で撮影しているんだな。
いままでは脳と感覚で仕事をしていたのに。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-03-18 13:58 | 写真会議
2009_03_14
e0107829_15235171.jpgいつからか、macbookのバッテリー表示がXになっていた。本体はバッテリーを認識していない模様。
いろいろきっちりとしたくなって、この件も調べる。
と、知らなかった。appleからアナウンスが出ていた。
サポートに連絡
話すこと、24分
バッテリー交換の手続きと手配が終了。
3日ほどで手元に届く予定。
あとは自前交換。
メールでクロネコ便で届く通知も。

だが、バッテリーは今朝一番で届いた。
これには驚いた。

電話では「焦げたような跡ですか?」と、しつこく聴かれた。
発火の恐れがあったのだろうか。
きちんとしたリコールは発表したのかな?
ちょいと不安。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-03-15 17:31 | 写真会議
2009_03_09
e0107829_20523854.jpg今朝クライアントから電話で
『先月出版された料理本、2度目の重版がかかった。』とのこと。
とてもうれしいこと。
「携われてよかった」と思うとき。
多くの人の手に渡り
著者と読者を写真でつなぐお手伝い。
それが自分の仕事、自分の役目。

でも電話の本当の用件は、
「昨年撮影したデータ
もう1回使いたいのだけど
まだ手元にありますか?」

はいございます。
整理保存してあります
ご安心を。
[PR]
# by shashinnojikan | 2009-03-09 16:52 | 写真会議


kota yamashita on the web
by shashinnojikan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30